ディズニーヴィランズの手下たちは2016年登場する!?

20151013_TDL_3

 
2015ディズニーシーのハロウィン企画で大人気となった
 
 
ヴィランズ手下リクルーティング!
 
 
ハロウィンの企画の一部という試みだったとは思いますが
 
彼らたちの会うために6時間以上も待ったゲストも!
 
あまりの大人気ぶりにディズニー側も
 
対応に追われたのではないでしょうか。
 
そこで気になってくるのは
 
2016年ヴィランズ手下たちは登場するかどうかです。
 
 

2016年ヴィランズ手下たちを登場させるには課題がいっぱい?

 
2015年から始まったヴィランズ手下たちによるリクルーティング。
 
あまりのかっこよさに
 
 
手下沼に落ちた。。
 
 
といった用語ができるくらい大人気だったわけですが
 
2016年も登場させるには簡単にはいかなそうです。
 
 
私が実際に行ってきた中での不安点を考えてみました。
 

  • キャストの対応キャパ不安
  • ゲストのマナー問題

 

スポンサーリンク

 

キャストの対応キャパ不安

 
あまりの人気ぶりにキャストの対応が手薄になってしまいます。
 
 
手下たちに会えるブッフェではながーい行列ができます。
 
 
私の時は9月のシルバーウィークど真ん中の時に約3時間待ちでしたが
 
 
10月の最終週になると6時間待ったという方もおられました。。
 
 
単純に私の時の倍は行列ができたはずでしたから
 
隣の施設まで行列が伸びてしまったと思われます。
 
 
キャストの数も最低倍にしないと対応できませんし
 
一か所にゲストが集まることはディズニー側も本望ではないでしょう。
 
 
会える場所を分散させても、混雑は必至ですから
 
キャストもその分必要になります。
 
 
今や目玉企画になっており、2016年も期待して待っている方も
 
いるかと思いますが、ディズニー側もそこまでして行うか不明です。。
 
 

ゲストのマナー問題

 
ここが実は問題になりかねません。
 
 
あまりにも熱狂的になりすぎている一部のゲストがいるみたいです。
 
 
セイリングブッフェで自分の席から離れて
 
 
手下たちのあとをつけていっていき何度もコンタクトをしたり。
 
 
また、時間をかせいで長く拘束したり。
 
 
現実的な役者名を聞いたり。
 
 
まあ夢の国に来ているので興奮してしまうのもわかりますが
 
マナーあってのイベントですから
 
ゲストも節度ある行動を心掛けなければなりません。
 
 

果たして2016年はヴィランズ手下たちは登場するのか!?

 
今現在は正式な発表はありませんが
 
各種メディアがこぞって特集した
 
 
【ヴィランズ手下たちによるリクルーティング】
 
 
話題性は抜群で大きな集客力のあるイベントだったことは確かです。
 
 
2016年開催するならばリクルーティング場所や時間の制限がかかり
 
 
なおかつ完全予約制などで人数の制限も出てくるものと思われます。
 
 
2015年ヴィランズ手下たちに会えなくて
 
悔しい思いをした方もいると思います。
 
 
そんな方たちのために調査を続けていこうと思います。
 
 
【ヴィランズ手下】たちの情報を入手したらアップしますので
 
 
楽しみにお待ちくださいね(*^^*)
 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ